レビトラ商品画像01

レビトラの通販、個人輸入で購入するには

レビトラを購入する手段として、手軽に行えるのが通販サイトを利用した個人輸入です。病院やクリニックを受診せずにスマホから簡単に購入できるため、気恥ずかしさで通院に抵抗がある人や通院の時間が取れないような人などに重宝されています。

昨今はレビトラがたびたび製造中止となり、世界的に供給が足りていない状況となっています。国内の医療機関のみならず、これまでレビトラを販売してきた個人輸入代行サービスにおいても在庫切れが出始めました。

当サイトではレビトラの在庫がある個人輸入代行サービスをいくつかピックアップし、価格比較を行なっています。
医療機関でレビトラを購入できずに個人輸入への切り替えをお考えの方や、これまで使っていた個人輸入代行サービスで在庫切れとなって他のサイトをお探しの方はぜひご参考ください。

通販サイトにおけるレビトラの在庫状況と価格比較

当サイトでは、薬の個人輸入代行サービスの中から代表的な大手4社をピックアップし、レビトラ20mgの在庫状況および価格を比較しました。
※レビトラ10mgは現在、購入できるサイトがありません。

レビトラ20mgあんしん通販マートロゴベストケンコーロゴオオサカ堂ロゴアイドラッグストアーロゴ
サイト名あんしん通販マートベストケンコーオオサカ堂アイドラッグストアー
1箱7,180円8,705円6,494円6480円
3箱18,740円21,294円売り切れ売り切れ
5箱30,156円34,630円売り切れ売り切れ
7箱41,716円48,286円売り切れ売り切れ
1錠あたり最安1,490円1,724円1,623円1,620円
購入リンク購入する購入する購入する購入する

レビトラ20mgは、オオサカ堂およびアイドラッグストアーでは在庫が残り少なくなってきており、現在は1箱のみ購入できます。ベストケンコーおよびあんしん通販マートはまだ在庫がありますので、セット購入ができます。

セット購入の方が割安となりますので、1錠あたりの値段はあんしん通販マートが最安となります。

レビトラを1箱のみお求めであればアイドラッグストアー、まとめてお求めであればあんしん通販マートがおすすめです。

レビトラは前述の通り製造中止で再入荷の見通しは立っていないため、在庫が無くなると当分は購入できなくなります。通販でお求めの際はお早めに購入しておくことをおすすめします。

薬の個人輸入は違法ではない?

個人輸入イメージ01

今までレビトラを医療機関で処方してもらっていた人は、個人輸入に対して「違法性があるのでは…」と不安を感じている人も多いのではないでしょうか。

確かに本来は処方箋を出してもらわなければ購入できない薬を、通院せずにインターネットで簡単に購入できてしまうため、違法な行為に思えても仕方ありません。

薬の個人輸入は厚労省で認められており、定められた範囲内の量であれば特別な許可もいりません。そして処方薬であってもこの限りではありません。

医薬品等の個人輸入について|厚生労働省

定められた範囲内の量とは、処方薬であれば用法・用量から見て1ヶ月分以内です。これ以上の量を個人輸入する場合には、地方厚生局(厚生労働省の地方支分部局)に申請して薬監証明という書類を発行してもらう必要があります。

1ヶ月分以内であれば、個人輸入は法的に問題なく誰でも簡単に行うことができます。

個人輸入のメリット、デメリット

個人輸入イメージ02

レビトラの個人輸入を、病院やクリニックでの処方と比べると、それぞれにメリットやデメリットがあります。

個人輸入のメリット

個人輸入のメリットは以下のとおりです。

  1. 通院する手間がはぶける
  2. 誰にもバレずにレビトラを購入できる
  3. 非常に安価なジェネリックも購入できる

通院する手間がはぶける

個人輸入の大きなメリットは、病院やクリニックに通院する手間がはぶけるという点です。近くにEDの診療ができる医療機関がないような場合や、忙しくて通院する時間が作れないような場合に、個人輸入は非常に助かります。
病院やクリニックは診療時間内に行かなければなりませんが、個人輸入はインターネット通販と同じように24時間いつでもどこでもスマホから注文ができます。

医療機関によっては、薬代に加えて診察料を払う必要もあるでしょうから、費用面でも最低限のコストしかかからないという利点があります。

誰にもバレずにレビトラを購入できる

レビトラのようなED治療薬を購入したいけれども、病院やクリニックへ行くのが気恥ずかしくて抵抗のある人も多くいらっしゃいます。

EDである事を周囲(同居人など)に知られたくないような人にも、個人輸入は利便性が高いと言えます。個人輸入で購入すると、梱包の際に購入者への配慮により商品の欄には「雑貨」など中身が分からないように記載されます。

ご自宅への配送を希望されない場合は、郵便局留めを指定することもできます。郵便局留めにする場合は、郵便局での保管が一定期間を過ぎると配送元へ返送されてしまうので注意が必要です。

安価なジェネリックも購入できる

個人輸入では、レビトラの他にも多数のインド製ジェネリックが販売されています。国産ジェネリックとは違い、コピー薬品という位置付けになりますが、インド国内ではれっきとした正規品です。インドの特許制度の都合上、コピー薬品という特殊な扱いですが、ジェネリック医薬品と変わらないため便宜上ジェネリックと呼ばれています。

インド製ジェネリックは先発薬レビトラや国産ジェネリックと比べておよそ1/10程度という格段に安い値段で購入できるのが特徴です。
薬の品質や信頼性においては国産の薬に劣るものの、とにかくコストパフォーマンスを重視したいという人におすすめです。

個人輸入のデメリット

個人輸入イメージ03

個人輸入のデメリットは以下のとおりです。

  1. 医師の診断を受けられない
  2. 使用はすべて自己責任になる
  3. 偽物や粗悪品のリスクがある

医師の診断を受けられない

個人輸入はオンライン診療とは違い、通販サイトと同じように薬を注文する手段です。医療機関を介さず直でレビトラを購入することになりますので、医師の診断を受けたい場合には適していません。

レビトラ等のED治療薬は血管を広げる作用があり、人によっては思わぬ副作用が出る可能性があります。初めてED治療薬を購入される方は、添付文書で禁忌や注意事項を必ずご確認下さい。もし少しでも不安があるようでしたら、医療機関を受診することをおすすめします。

レビトラの添付文書

使用はすべて自己責任になる

個人輸入で薬を購入する場合、購入から薬の使用まで全て自己責任となります。病院やクリニックで薬を処方してもらった場合、副作用で何らかの健康被害が出た際に救済制度を受けられます。救済制度は薬を適正に使用して健康被害が出た患者に対し、治療費の一部を国が負担する制度です。個人輸入で薬を購入した場合、適正な使用ではなくなりますので、救済制度は受けられなくなります。

また、購入の際に何かしらのトラブルが起こった場合においても、自己責任となりますので保証を受けることはできません。

偽物や粗悪品のリスクがある

個人輸入で最も注意すべきリスクは、レビトラを含むED治療薬の偽物です。インターネットの個人輸入で購入されているED治療薬のうち、およそ4割は偽物だったという調査報告があります。偽物が多く報告されているのは、レビトラやバイアグラ、シアリスといった先発薬です。

個人輸入代行サービスの中には偽造されたED治療薬を販売する悪質な業者が存在し、厚労省や各製薬会社の公式サイトでも個人輸入の危険性を指摘しています。
偽物のリスクが気になるようであれば、偽物のリスクが少ないインド製のジェネリックを購入するか、医療機関の通院をおすすめします。

レビトラの個人輸入は偽物に注意

レビトラ偽物引用03

出典:【厳選・医療ニュース】偽「バイアグラ」ネットで横行 「首や背中に鈍痛」…命に関わる危険も (1/3ページ) – 産経ニュース

レビトラは他のED治療薬と同様に、多数の偽物が個人輸入で出回っています。偽物の多くは精巧に作られており、ちょっと見ただけでは本物と区別がつかないものもあります。

レビトラの偽物を見分ける方法はいくつかありますが、代表的なものを紹介します。

成分含量や薬のタイプが違う

レビトラ偽物引用01レビトラ偽物引用02

出典:偽造レビトラ錠製造現場|レビトラ錠のインターネット購入にご注意|EDネットクリニック|バイエル薬品

成分含量が100mgや50mgとなっているレビトラは確実に偽物です。レビトラの正規品は5mg、10mg、20mgのみであり、これ以外の成分含量は正規品ではありません。

レビトラは全て錠剤タイプのみですので、カプセルタイプで販売されているものは偽物です。

錠剤の刻印や表面の感触が違う

レビトラ偽物引用04

出典:バイアグラ・レビトラ・シアリスの本物と偽物の見分け方 | 池袋スカイクリニック

本物の錠剤は表にバイエル社の社名(BAYER)が十字形に刻印されており、裏には成分含量の数字が刻印されています。
刻印が無かったり違った表記だった場合は偽物となります。偽物の錠剤で多く見られる特徴は、本物のようにフィルムコーティングをされていないため、表面がザラザラしていて艶がありません。このような錠剤は粗錠と呼ばれており、保存がきかなくなります。

1錠ごとにビニール袋に入ってる

レビトラの中には箱やシートで販売せず、錠剤を直接ビニール袋に入れて販売されているケースもあります。これも確実に偽物であり、保存状態が悪くなります。
上記の粗錠がビニールに入っていた場合は最悪の組み合わせであり、配達された時点で既に使用できない状態である可能性が高くなります。

偽物のレビトラをつかまされないためには、きちんと運営された信頼できる個人輸入代行サービスで購入しましょう。

個人輸入代行サービスの利用にあたって

個人輸入イメージ04
▲厚労省が認める個人輸入代行の流れ

レビトラの個人輸入は、薬の個人輸入代行サービスで簡単に行えます。個人輸入代行サービスは、Amazonや楽天などの通販サイトと同じ仕様で注文ができるインターネットサービスです。注文を済ませれば、あとは海外の会社とのやり取りや通関といって煩わしい作業を全て業者が引き受けてくれます。通常の通販に比べると日数はかかりますが、注文が終われば薬の配送を待つだけです。

利便性が高い一方で、前述のように偽物や粗悪品を販売する悪質な個人輸入代行サービスもあり、トラブルが跡を絶ちません。

個人輸入代行サービスの見分け方

個人輸入イメージ05

個人輸入代行サービスの良し悪しを判断する方法として、当サイトでは以下の4つを紹介します。

  • 運営歴や特商法表記などのサイト情報を見る
  • インターネットのSNS等で口コミや評判を確認する
  • オリジナルの成分鑑定書があるか確認する
  • クレジット決済に対応しているか確認する

運営歴や特商法表記などの情報を見る

個人輸入代行サービスのサイトを見つけたら、まずは特商法表記のページを探してみましょう。

特商法表記はインターネットで通販サイトを運営する際に明記することが義務付けられている情報です。運営者に関する詳しい情報(運営者名、所在地、連絡先など)や、商品の購入にあたって利用者が知る権利のある情報(注文方法、決済方法、返品など)が、いくつか必須事項となっています。

特商法表記を見れば、そのサイトの運営者情報が一通り分かるようになっており、設立年月日を見れば運営歴も分かります。ただしこれはあくまできちんと運営された業者の場合であり、個人輸入代行サービスの中には特商法表記の必須事項が抜けていたり、ひどい場合は特商法表記そのものが見当たらない場合もあります。このようなサイトは悪質な代行サービスである可能性が高いのでやめておきましょう。

インターネットのSNS等で口コミや評判を確認する

個人輸入の利用にあたって、実際に使った人の口コミや評判は気になるところですよね。TwitterやFacebookといったSNSはもちろん、Yahoo知恵袋などの質問投稿サイト、2ちゃんねる(5ちゃんねる)などの大型掲示板では様々な口コミや評判を調べることができます。

気になる個人輸入代行サービスがあったら、サイト名を検索してみると、その代行サービスに関する口コミや評判が見つかるかも知れません。

ただ、インターネット上には利用者を装って特定のサイトの宣伝を行う業者もいますので、信ぴょう性は保証できません。

オリジナルの成分鑑定書があるか確認する

薬の個人輸入代行サービスにおいて、取り扱っている薬が本物であることを証明しうる唯一の情報、それが成分鑑定書です。成分鑑定書は、第三者の機関に薬の成分鑑定を依頼し、その結果を記した書類です。鑑定した薬に、正しい成分が正しい量ふくまれているかが一目で分かりますので、成分鑑定書の有無は非常に大切です。

成分鑑定書があったとしても、所々に塗りつぶしやモザイクなどの処理が施されている場合があります。主に依頼主の欄が隠されていることが多く、これだと誰が行なった成分鑑定なのか不明となります。すなわちインターネット上で拾った成分鑑定書を転載している可能性も否定はできないため、信頼性は下がります。

薬の成分鑑定書は、PDFファイルがオリジナル形式です。PDF形式による成分鑑定書を掲載していれば、そのサイトで取り扱っている薬は本物であると言えます。

クレジット決済に対応しているか確認する

個人輸入イメージ06

個人輸入代行サービスの決済方法を確認してみましょう。最も見受けられるのが銀行振込であり、クレジットカード決済に対応していない代行サービスもあります。特にVisaカードを取り扱っている代行サービスは非常に限られてきます。

クレジット決済は、カード会社からの審査が下りなければ対応できませんので、クレジット決済に対応していない代行サービスは何らかの理由で審査が下りていないことになります。

取り扱っているクレジットカードは代行サービスによってまちまちですが、中でも取り扱いが少ないVisaカードは審査が厳しいと考えられます。

対応しているクレジットカードが多い代行サービスは、きちんと運営された業者である可能性が高いです。

レビトラの口コミをピックアップ

実際に個人輸入代行サービスで投稿されているレビトラのレビューから、参考になりそうなものを紹介します。

※オオサカ堂は現在、レビトラのレビューが非掲載となっています。

凄まじいの一言

体調が万全でないとイマイチご機嫌ナナメな息子が吉原で大活躍してくれました!歳の割りにすごいと嬢もビックリしていたようです。それと早漏を鈍らせる効果もあるようです。これからはこの薬に足を向けて寝られません笑また買います!

引用元:あんしん通販マート(https://www.anshin-tuhan.org/cat-10/pro-12)

食後もOK

最近シルデナフィルに身体が慣れてしまったような気がしたので、パルデナフィルのレビトラを購入しました。サビトラも購入しましたがやはり正規薬レビトラは副作用もほとんどなく、軽い食事の後や食べ過ぎても1時間も間を開ければ服用可能なのが便利ですね。
効果はマイルドですがViagra系の硬さを望まなければ十分効きめが期待でき不安がなくなりました。これからも使用したいと思います。よろしくお願いします。

引用元:ベストケンコー(https://www.bestkenko.com/products/%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%88%E3%83%A920mg)

久しぶりに購入できました。

レビトラはバイアグラ等と比べて食事を気にせずに効果が得られるので重宝しています。
自分はバイアグラ程の堅さは出ませんが十分に隆起します。
プレイ前に食事を取らないといけない状況時はレビトラを使用しています。
難点は感度が鈍くなり射精するまでにかなりの時間を要します。
ゴム着では射精出来ない時もあります。

引用元:アイドラッグストアー(https://www.idrugstore.jp/product/48540/review)

レビトラの個人輸入は慎重に

レビトラは現在、製造中止となっており、世界的に品薄状態です。日本国内の医療機関ではレビトラの売り切れが続出し、購入が難しくなってきています。

そこで代替案として挙げられるのが、インターネット通販による個人輸入です。レビトラの品薄は通販にも影響をおよぼし、個人輸入代行サービスでも売り切れが出始めています。

レビトラを購入できる個人輸入代行サービスは限られてきていますが、今ならまだ在庫が残っている代行サービスもあります。

レビトラを個人輸入する際には、偽物や粗悪品のリスクに十分注意しなければなりません。大手の個人輸入代行サービスで売り切れていたのでよく知らないサイトで買ったら偽物だった…という目に遭わないためにも、代行サービスは慎重に選ぶことが大切です。

当サイトでは、きちんと運営された信頼できる個人輸入代行サービスとして、あんしん通販マートをおすすめしています。

レビトラ製造中止!緊急対策本部