ジマトラアイキャッチ

ジマトラの通販価格、最安値のサイトは?

ジマトラは個人輸入代行サービスで手軽に通販購入ができる、レビトラのインド製ジェネリックです。
バイアグラに次いで販売されたレビトラは、食事の影響や持続時間の短さといったバイアグラの欠点が改善された利便性の高いED治療薬として非常に人気があります。そのレビトラと同等の効果があり、価格を大幅に抑えたのがジェネリックのジマトラです。

ジマトラは日本向けに作られた製品ですのでパッケージおよび添付文書は全て日本語表記となっており、薬局で販売されている市販薬のように開封したその場で用法・用量を確認できるのが特徴です。

現在、先発薬のレビトラは製造中止の只中であり、世界的に在庫が不足している状況です。通販サイト(個人輸入代行サービス)でも影響を受けて在庫切れが目立ち始めており、同成分のジェネリックに切り替える購入者の増加が見込まれます。

ジマトラは現段階で比較的在庫があるジェネリックですので、レビトラが購入できなくて代替薬を探しているような方におすすめです。

ジマトラの通販価格を比較

当サイトでは、ジマトラを取り扱っている個人輸入代行サービス4社をピックアップし、ジマトラの通販価格を比較しました。

ジマトラあんしん通販マートロゴベストケンコーロゴ薬の通販オンラインロゴ医薬品アットデパートロゴ
サイト名あんしん通販マートベストケンコー薬の通販オンライン医薬品アットデパート
1箱3,980円3,885円3,880円3,980円
3箱6,209円6,090円8,730円6,160円
5箱7,960円7,855円11,640円7,647円
7箱10,030円9,870円12,494円9,480円
1錠あたり最安143円141円178円135円
購入リンク購入する購入する購入する購入する

個人輸入代行サービスの大手であるオオサカ堂およびアイドラッグストアーでは、いずれもジマトラの取扱がありませんでした。

ジマトラ20mgを取り扱っている代行サービスを比較すると、1箱であれば薬の通販オンライン、2箱以上であれば医薬品アットデパートが最安となります。

ジマトラとは

ジマトラキャプチャ

出典:Zimatra – 20 – zimmar

ジマトラはインドのジマー社が製造・販売しているジェネリックで、レビトラと同量(20mg)のバルデナフィルが主成分です。ビリトラの錠剤は円形でやや黄色みがかったオレンジ、成分含量は20mgのみです。

ジマー社は日本向けのジェネリック医薬品に注力している製薬会社であり、ジマトラもその一つです。パッケージおよび同封されている添付文書は全て日本語ですので、見た目は国産の医薬品と変わりません。飲み方や注意事項などをその場で確認できるので、日本人にとって利便性が高いジェネリックと言えます。

ジマトラと先発薬レビトラの通販価格を比較してみましょう。当サイトで紹介しているあんしん通販マートでは、それぞれの通販価格は以下の通りです。

1箱2箱3箱5箱7箱
レビトラ20mg7,180円13,068円18,740円30,156円41,716円
1錠あたり1,795円1,634円1,562円1,508円1,490円
ジマトラ20mg3,980円5,254円6,209円7,960円10,030円
1錠あたり398円263円207円159円143円

ジマトラはまとめて購入すると、最大7箱で1錠あたり142円まで値下がりし、同量のレビトラの1/10以下というコストパフォーマンスが実現します。

ジマトラの効果、副作用、飲み方など

ジマトラ効果イメージ

ジマトラはレビトラと同量のバルデナフィルを含んでいますので、効果・副作用・飲み方・注意点は全てレビトラと同一です。
違いは製造元や製造工程、錠剤の見た目や薬効のない添加物ぐらいであり、いずれもジェネリック全般に当てはまる一般的な差異です。

レビトラは2020年7月より日本国内でもジェネリックが販売され、同様に別の製造会社から錠剤の形状や色が異なるバルデナフィル錠が医療機関で処方されています。

インド製ジェネリックの特徴

日本とインドでは医薬品を製造する工程において、チェック体制などが異なってきますので、インド製ジェネリックはしばしば効き目や副作用に若干のムラが出るケースがあります。

これは製品ごとであったり、時には同じ製品でも生産ロットによって品質に微小な変化が出ると考えられています。

インド製ジェネリックは、ED治療薬の個人輸入においてしばしば危険性を指摘されているような偽造品とは別物であり、健康被害をおよぼすようなことはありません。ただ日本国内で処方されている純正品に比べた場合、効き目や副作用の安定度は劣ると言えます。

こういったデメリットがある一方で、国産の純正品に比べて圧倒的な安さで購入できるというメリットがあるのがインド製ジェネリックの特徴です。

ジマトラの効果や副作用などの詳細は、同一成分のバリフのページをご参考下さい。

ジマトラに偽物はある?

ジマトラ偽物イメージ

ジマトラが偽物とは違うということは前述しましたが、ではジマトラそのものの偽物は存在するのか?というと、現状において偽造品が発見されたケースは報告されていません。

そもそもジマトラのようなインド製ジェネリックは本物が既に格安であるため、偽物を作っても本物より高く売ることができず、儲けは出ません。つまり偽物を作って利益が出るのは高額な先発薬のみであり、インド製ジェネリックの偽物を作るメリットは皆無です。

このため、ジマトラを称する偽造品が存在する可能性は極めて低いと考えられます。

ジマトラの口コミをピックアップ

実際に個人輸入代行サービスで投稿されているジマトラのレビューから、参考になりそうなものを紹介します。

自分には一番合ってるかも!

コロナの影響で到着まで3週間ほど掛かりました。シログラ、ジマリスと順に試してみましたが、効果と副作用を考えるとジマトラが一番自分に合ってるように思います。服用後の効果も早く、頭痛の副作用もないので。興奮すると硬くなるし、行為には影響ないかと。これで彼女とも複数回可能になります! リピートします!!

引用元:あんしん通販マート(https://www.anshin-tuhan.org/cat-10/pro-205/rev-2)

私的にコスパ最高!

こちらのジマトラ、表にも書いてある通りレビトラ系のED治療薬です。
現状、コスパ最高を誇るED治療薬といえばシアリス系であるのは間違いないと思います。たしかに、どのシアリス系のお薬を試してみても所要の効果を得ることは出来るのですが、その反面、私には鼻詰まりと頭痛の副作用が強く出ていました。
そこで、とあるキャンペーンの時に色んな種類のED治療薬を試せるパッケージを購入し、その時にこのお薬に出会いました。
バイアグラ系ほど食事の影響を受けず、シアリス系より副作用が少なく、しかも他がほとんど4錠入りなのに対してこちらは一箱10錠入りという圧倒的なコスパ!
更には錠剤を半分にカットし、半錠服用するだけで私は十分に効果を得ることが出来ますので、すっかり気に入ってのリピート購入です。
服用からの効果は15〜20分程で出始め、まずはそんなに力の漲っていない半勃起状態に一つ芯が通った感覚になります。それから10分もすれば少しだけ顔が火照り始め、服用から30分後には海綿体がいつもよりパンパンに張ります。
しかしご存知かと思いますが、性的な刺激を受けなければ反応はしませんから、歩行困難になったりはしないのでご安心を。
明くる朝も効果は持続していますが、昼までには抜けている印象です。シアリス系の様に効果が3日くらい持続するような事は有りません。
今回の購入分が無くなれば、私は再び購入すると思います。とっても便利です!

引用元:ベストケンコー(https://www.bestkenko.com/products/%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%8D%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%EF%BC%88%E3%82%B8%E3%83%9E%E3%83%88%E3%83%A9%EF%BC%8920mg#tabs)

キャンぺーン

新しい薬を試そうと、思い購入しました。最初に見た時、粒が小さいなと、思いました。服用してみると、最初の不安通りです。いつも、使用するバリフやタダシップと比べると、残念な結果でした。副作用はありません。自分に合わなかったかも

引用元:薬の通販オンライン(https://www.nyredcross.org/products/239)

アルコールを

アルコールを夜飲む習慣がある俺のような人物にはこのジマトラがあっていると思う。バイアグラ系はアルコールが入ると途端に効きが悪くなるのに対し、レビトラ系のこのジマトラは全くアルコールの影響を受けないという特徴がある。お蔭で毎晩気にすることなく飲むことが出来る。

引用元:医薬品アットデパート(https://atto-tsuhan.com/ed/product-1476/)

ジマトラを通販で購入するにあたって

ジマトラは個人輸入で買えるインド製のレビトラジェネリックであり、その中でも日本人向けに作られたED治療薬です。見た目は国産の医薬品と変わらず、パッケージや添付文書は全て日本語で書かれています。

レビトラは2020年7月に純正の国産ジェネリックが販売されたので混同してしまいがちですが、ジマトラは海外製のジェネリックですので国内では処方されていません。

ジマトラのようなインド製ジェネリックは、国産の先発薬やジェネリックに比べると、効き目や副作用の程度に若干のムラがあると考えられています。品質においては国産のレビトラやジェネリック(バルデナフィル錠)に劣るものの、価格は1錠あたり150円以下という破格のコストパフォーマンスで、国産製品の1/10以下で購入できるのが魅力です。

レビトラは現在、製造中止にともなう供給不足で、医療機関での処方や通販による個人輸入が難しくなってきています。

ジマトラは同等の効果があるジェネリックの中でも比較的在庫があり、価格も非常に安い商品となりますので、お求めの場合は早めの購入をおすすめします。

レビトラ製造中止!緊急対策本部